渚をドライブ水平線を眺めながら波打ち際を走る。日本で唯一、「車で走れる砂浜」。海風が車内を吹き抜けていく爽快感は、体験した者にしかわからない。

能登半島西部・石川県羽咋(はくい)市から宝達志水町にかけて、世界でも珍しい海岸があります。水分を含むと固く締まって、砂浜なのに車が走行できちゃう「千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ」。車好きなら一度は走ってみたいと言われるこの海岸のヒミツと、ドライブ以外にもある千里浜の魅力に大接近しちゃいます!

コスモアイル職員の宇宙人・サンダー君に突撃インタビュー
イメージ図
一般的な砂浜千里浜
千里浜の砂が、他の砂浜と違うのは粒子の大きさ。普通の砂浜の砂は、顕微鏡で見てみると大きさがバラバラでムラがあるものなのですが、千里浜の砂はひとつひとつの粒が小さく、また大きさが揃っていて、角ばった形をしているという特徴があります。なぜ千里浜にこのように特別な砂が溜まっているかというと、石川県を流れる手取川や大海川、宝達川から海へ流れ出た砂が、沖の方から海流や風で浜辺へ押し戻され、その過程でより細かくなった砂が徐々に千里浜近辺に堆積していったと考えられています。このきめ細やかな砂に適度な水分が混ざると砂浜は固く絞まり、普通の道路のように車や自転車などで走行可能になるのです。ただし水分が少なかったり、逆に多すぎる場所では、むしろ砂がサラサラと流れやすくなるので、車で走行する際は走るラインに注意が必要です。 (※波が高いなど、悪天候の際には通行規制がかかります)
展示品バトル! あの頃宇宙はアツかった!アメリカVSソ連 宇宙開発3番勝負!
どんな乗り物でもしっかり千里浜を走ることができるのか、実際に試してみました。
オープンカーでも…走れる!

当たり前と言えば当たり前ですが、屋根部分がパッカリ開いたオープンカーでも走れました。くぅ~、いつにもまして開放的な風景と潮風が気持ちいい!オープンカーで走るなら日本一の道路かもしれません!

バイクでも…走れる!

タイヤが4つある自動車ならなんでも走れるけど、タイヤが2つしかないバイクは沈んじゃうんじゃないの!? …なんて心配はご無用!ご覧のとおり、大きなバイクでも全く沈むことなく軽快に走れます!もちろん、もっと軽い原付バイクでも、もっと重たい1000cc超えの大型バイクでも大丈夫。ママチャリやスポーツ自転車でも走れますよ!

ミニカーだって…走れちゃう!

走れたから、なんだ。というお声があるやもしれませんが、プルバックで走るミニカーだって千里浜を走らせられちゃいます!今回は試していませんがおそらくミニ四駆やラジコンカーでも走れるでしょう!とはいえ部品に砂や海水が入るかもしれませんので、もし実際に走らせるときには十分にご注意を…。

馬も…走る!

驚くなかれ、なんと千里浜では馬も走っているんです!…というのも、金沢市にある乗馬クラブ「ヴィテン乗馬クラブ・クレイン金沢」に、浜辺を乗馬で散歩するというコースがあるからなんです。車やバイクだけじゃなくて、馬に乗って歩くのも楽しそうですね!

結論・けっこうなんでも走れます。
ドライブの様子を動画で見る!
実際に車で走っているところをムービーで撮ってみました。
ドライブ以外の楽しみもたくさん!
千里浜には海水浴や砂像といったドライブ以外の楽しみもたくさんあります。
ここではそんな千里浜の魅力を紹介していきますよ~!
千里浜に巨大砂像が登場中

4月から10月にわたって、千里浜では砂の彫刻「砂像」が製作されています。大きな砂の塊を少しずつ削っていって彫刻に仕上げていく作業を、間近で見ることができます。砂像を作っているのは『TVチャンピオン サンドアート王選手権』で優勝経験のある原田敏雄さん。ご本人に、砂像についてインタビューしてきました。

製作中の原田さん。大きな砂の塊から徐々に形を削り出していく。その目つきは真剣だ。

千里浜で砂像を作るようになった経緯を教えてください

平成6年に千里浜で砂像を作るコンテストがあって、それに出場したら、砂像を作るのは初めてなのに優勝しちゃったんですよね。それから毎年作るようになって、平成13年にはTVチャンピオンにでて優勝できたんです。2011年からは観光客のみなさんに、完成した像だけではなく製作過程も見てもらえるようにしています。

原田さんの5つ道具。このわずかな道具でサンドア ートを作り出していく。ストローは細かい模様を削 るとき、砂を吹き飛ばすために使用するそう。
サンドアートはどのようにして作るのですか?

まず板で囲いを作って、その中に砂と水を入れて上から機械で固めていくんです。それを何段も重ねて、固い砂のひし餅というかウェディングケーキみたいなものを作る。そうしたら道具を使ってそれを少しずつ削っていって、形にしていくんです。

製作の上で難しいところはどこでしょうか? 作る時の注意点などは? 像に動きや表情を付けるところが難しいですね。砂像は4面全てで異なる像を作りますから、それぞれの動きや表情に注目して見てもらえるといいと思います。作る時は、そのときどきの話題になっているものを取り入れて作っていますね。やはり観光客の方に見てもらって喜んでもらえるのが、私も一番うれしいですから。今年は人気アニメのキャラクターなどをモチーフに、計3体の砂像を、10月頃まで製作しています。毎日ではありませんが、お昼頃に千里浜なぎさドライブウェイに来てもらえると、実際に作っている様子を見られる可能性が高いと思います。冬になると砂が固められず、次第に崩れてしまいます。秋までしか見られない儚いアートを見に、ぜひ千里浜に足を運んでみてください。
海水浴もできますよ!

夏には海水浴場もできる千里浜。遠浅の海は海水浴を楽しむ家族でいっぱいになります。7月上旬から8月下旬頃まで営業している浜茶屋では、このあたりでしかとれない名物の「白貝」も味わえます。千里浜なぎさドライブウェイは砂浜ですが、混雑する海水浴シーズンには公道となり、砂浜には道路標識が立ちます。

砂浜の侵食が進んでいるという現実も…
1994年)H6)8月50m→2011年(H23)8月35m

1994年には砂浜幅が50メートルほどあった千里浜海岸ですが、年 々砂浜の侵食が進み、2011年には35メートルほどになってしまっています。石川県ではこれまでの砂を陸上から補給する養浜工事や、人工リーフの整備を行なっています。また2011年度から「千里浜再生プロジェクト委員会」を立ち上げ、新たな試みとして、金沢港の浚渫(しゅんせつ)土砂を活用した海上投入による養浜などの検討、海岸保全意識の向上を図るためのイベント開催や、観光部局と連携した情報発信など、様々な取り組みを行っています。

砂

8月7日(水)
「千里浜なぎさふれあい教室」…千里浜の歴史やウミガメの生態について学習、砂像コンテストなど。

9月7日(土)
「光の海道『千の煌き』」…光をテーマにしたナイトイベント。

10月12日(土)
「千里浜ウォーク」…ウォーキングをしながら海岸清掃を行います。
(問い合わせ:千里浜再生プロジェクト実行委員会0767-22-1119)

DATA

千里浜なぎさドライブウェイ

住所 羽咋市千里浜町〜宝達志水町今浜(ふるさと紀行「のと里山海道」千里浜ICそば)
TEL  0767-22-1118(羽咋市商工観光課)
リンク

pagetop